Career Palette

神戸女子大学・神戸女子短期大学「キャリアパレット」

2024.02.13

迷いがなかった銀行への就職。スムーズに決めるカギは不安を解消すること

株式会社みなと銀⾏ / 内定

家政学部 / 家政学科

H.K.

銀行で働きたいという明確な思いがあり、スムーズに就職活動を終えたH.K.さんにお話を伺いました。

内定先を受けようと思ったきっかけは何ですか?

キャリアサポートセンターが主催するWeb学内企業研究会で内定先に興味を持ちました。その後インターンシップに参加して先輩社員の方とお話しする機会がありましたが、親身になって相談に乗って下さり、このような先輩方と働きたいと思ったことがきっかけです。

第一希望は金融業界だったのでしょうか。

第一希望はずっと銀行でした。父親が証券会社で働いていた経験があったり、母親は今も銀行で働いていたりするので、仕事のやりがいなどを聞いて興味を持っていました。また子どもたちが職業体験できる施設でのアルバイトで、銀行での仕事をサポートした際にも魅力を感じました。

授業の学びを内定先でどのように活かしたいですか?

住空間コースでは自分たちでデザインした家を授業でプレゼンテーションする機会がありました。2人組になり、お互いの家の模型をつくり合う際には、コミュニケーション力を身につけることができたと思います。内定先では営業の仕事を行う予定なので、お客様の悩みを聞いて手助けをする際に活かしたいと思います。

就職活動を経験した先輩として後輩に一言アドバイスをください。

就職活動をしていく中で不安なことやしんどいと思う時もあると思いますが、一人で抱え込まずに友だちや先生方などを頼りながら頑張ってください。私はキャリアサポートセンターに話しやすい職員の方がいらっしゃったので、その方を指名して相談していました。そのおかげで面接も緊張せずにスムーズに就職活動ができたと思います。

将来はどのように決めましたか?

人と話をすることが好きなので、お客様の潜在的なニーズを引き出し、役に立てる銀行員になりたいという思いに迷いはありませんでした。

就職活動で役立つ大学の活用方法について教えてください。

私は就職活動を始めた2月頃から就職が決まる5月頃まで、キャリアサポートセンターに毎日通って履歴書の添削や面接練習をしてもらい、就職活動についての話をずっとしていました。面談は1回30分ですが、同じ日に何度も予約することができます。就職活動を行う上で不安なことを相談し、解消することで前向きになれると思います。

私のOne rule

毎日友だちと電話をすること

毎日友だちと電話をすること

その日の出来事などを話したりしています。就職活動中は面接の練習もしてもらいました。大体夜に2~3時間ほど、長いと7時間くらい話しています(笑)

#Popular

よく見られている記事

#Popular

よく見られている記事