Career Palette

神戸女子大学・神戸女子短期大学「キャリアパレット」

2024.01.26

面接練習で教育観が明確に。子どもの能力を引き出し、成長をサポートしたい。

岡山県 公立小学校 / 教員採用試験合格

文学部 / 教育学科

M.N.

小学生の頃から教員に憧れ、地元の岡山県で小学校教諭として採用が決まったM.N.さんにお話を伺いました。

小学校の先生を目指したきっかけを教えてください。

小学校の先生になりたいと思ったのは、小学4年生のときです。当時、先に問題を解いた児童が友だちにその解き方を教える「ミニ先生」の取り組みがありました。私は算数が得意で、よくミニ先生としてクラスメートに問題の解き方を教えていました。そのとき、友だちが「分かった!」と言ってくれたことがうれしく、先生になりたいと思いました。

採用試験に向けて準備を進める中で、忘れられないエピソードはありますか?

大学で、試験勉強をしたことです。毎日、朝から大学に行き、食堂で売られている「100円パン」を買って食べてから、ゼミ室にこもって勉強していました。午前中はひたすら暗記科目、午後は6時~8時頃まで過去問題に取り組みました。その間、スマホはバッグの底に入れて、メールやSNSをシャットアウト。人生で、一番勉強をした時間です。

大学での学びを仕事でどのように生かしたいですか?

小学校教育と幼児教育の両方を学び、子どもの幅広い発達段階について理解を深めたので、その知識を生かしたいと思います。幼稚園実習と小学校での教育実習では、園児でもできること、小学生になって初めてできることなど、成長の違いを理解できました。職場では、児童の能力を引き出し、成長を促せるようサポートしたいと思います。

教員採用試験を経験した先輩として、後輩に一言アドバイスをお願いします。

勉強は、少しずつでもいいので、毎日継続してほしいと思います。やりたくない日もあると思いますが、一度やらないと、どんどんやる気が失せてしまします。10分、20分でもいいので、毎日勉強する習慣をつけて、試験に臨んでください。どうしてもやる気が出ないときは、教職支援センターの先生方にアドバイスをいただくといいと思います。

進路を検討する上で、どのように大学を活用すればよいか教えてください。

教員を目指す方は、教職支援センターを活用するといいと思います。センター主催のワークショップでは、教員志望の同級生と、不安な気持ちをシェアしたり励まし合ったりすることで「もっと頑張ろう!」とやる気がわいてきました。面接練習では「どんな学級にしたいか」と質問されたのをきっかけに、どういう思いで教員を目指しているのかを改めて考え、教育観を明確にすることができました。

私のOne rule

ポジティブになりたいときは、家族からもらったアクセサリーの力を借りる。

ポジティブになりたいときは、家族からもらったアクセサリーの力を借りる。

前向きな気持ちになりたいときは、アクセサリーの力を借ります。祖母や姉、両親から譲ってもらった時計、指輪、ネックレスは私のお守りです!

#Popular

よく見られている記事

#Popular

よく見られている記事